年: 2022年

収納が使いにくくて後悔するケース収納が狭いと不便ですが、逆に広すぎるとスペースを消費します。注文住宅の価格には建物だけでなく土地代も含まれているため、土地を有効活用する間取りを目指しましょう。まったく使用していないデッドスペースも土地の一部であり、建設費用に含まれています。収納の利便性を考えるうえで…
騒音は大丈夫ですか?賃貸物件の案内では建物の外観や内装など見た目ばかりを気にしてしまいがちです。うっかりチェックし忘れるのが、騒音面です。ハイツなどは隣の部屋との壁がとても薄い所もあります。もし隣の部屋も売りに出しているなら、不動産スタッフにお願いして隣部屋からの音がとれくらい聞こえるか確認してみま…
1.賃貸住宅はどうやって選ぶの?今はインターネットで様々な物件の情報を見ることができます。ですが、一番大事なのは現地に足を運び、自分の目で確認すること。内見はもちろん、周囲の環境も確かめると良いでしょう。実際に見ることで、「こんなはずじゃなかった」など後悔するリスクを減らせます。2.収納と間取りも重…
防犯性を気にするなら見ておきたい設備!一人暮らしの女性に人気の防犯性が高い賃貸物件ですが、まず見ておくべきなのはオートロックの有無と監視カメラの数です。オートロックがあれば安心と思う人もいるかもしれませんが、他の住人の後に付いてオートロックを突破されてしまうケースがあります。監視カメラがたくさん設置…
いろいろと便利なことが多い大きな荷物があるときや、子ども連れで外出するときなどは、可能な限り身体への負担を軽減させたいものです。そういう意味もあり、1階住まいは最適といえるでしょう。1階に暮らせば階段を昇り降りしなくても済みます。忘れ物を取りに戻るときも、自分の階まで往復しなくてもよいので助かります…
不動産屋を複数社回って賃貸オフィスを探す賃貸オフィスの物件を取り扱う不動産屋によって、空き物件の数や質はがらりと変わることがあります。そして、大手や中小規模のタイプの不動産屋もありますし、企業の規模や雰囲気も異なります。一見、大手の不動産屋のほうが情報量は多いのではと思われがちですが、実は地域に根付…
配信が多いオフィスにはOAフロアが必要業務中に数十台のPCを使う企業がオフィスを引っ越す際には、OAフロアなどの設備が揃っている賃貸オフィスを選ぶことを推奨します。電話線やLANケーブルや電源を通すためのスペースが床下に設けられていて、転倒や断線などの事故を防ぎやすいのがOAフロアの特徴です。ケーブ…
家族で引っ越しをするなら賃貸マンションやアパートも、家族構成によって選ぶ物件は変わってきます。子育て世帯では大人だけの引っ越しとは違い、子供が安心して暮らせる物件を選ぶことが大切です。物件の良さを重視することはもちろん、周囲の環境もしっかりと確認しておきたいところです。まず、学校や幼稚園などの教育機…
オール電化にはどんなメリットがある?調理や暖房にガスや灯油を使用する場合に比較すると、オール電化は火を使うことがないため火災や事故が発生するリスクが低く安全性が高いというメリットがあります。小さなお子さんや高齢者がいるご家庭には安心ですよね。また、オール電化は料金のプラン次第では電気料金も抑えること…